ホーム > 健康 > 男性のカンジダ症は治らない!?

男性のカンジダ症は治らない!?

カンジダ症は女性に多い病気ですが、現在は男性がカンジダ症に悩ませれるケースも増えており、早期に治療することが早く治すためには必要です。

ところが、残念なことに、男性のカンジダ性亀頭包皮炎は場所が場所だけに、なかなか病院に行くことができず、そのまま放置して酷くなる方が多い現状です。

女性の場合、病院に行かなくてもドラッグストアや薬局で薬が販売されているので、こっそりと購入して治療することが出来るのですが、男性は病院で処方してもらうしかなく、女性のようにドラッグストアや薬局で購入できないので、症状を悪化させてしまう原因になっていると思われます。

なぜ女性だけカンジダ症の薬が販売されているいのかはわかりませんが、男性用のカンジダ性亀頭包皮炎の軟膏が販売されれば、もっと早く治療できる人は確実に増えるはずです。

実は海外ではドラッグストアなどでも男性用のカンジダ性亀頭包皮炎用の軟膏が販売されていて、多くの男性がこの病気で悩まされていることがわかるかと思います。

とはいえ、日本に住んでいるのですから、この点に文句を言っても仕方がないので、白いカスやニオイ・痒みなどが出て、しばらくしても治らない場合、病院で診察してもらったほうがよいでしょう。

診てもらう科は、皮膚科・性病科・泌尿器科のいずれかになります。

直接患部を診られるので、恥ずかしさはありますが、放置しているとどんどん悪化し、尿道炎などの原因になることもあります。

また、洗っても臭いがなくならなかったり、包皮をめくるときに痛みを感じることもあるので、パートナーがいる方は、なおさら早く治す必要があります。

カンジダ性亀頭包皮炎の治療期間は大体ですが、2ヶ月程度と言われていますので、この間は病院で処方された軟膏は毎日塗るようにしましょう。

毎日塗る理由は、非常に感染力が強いので、止めてしまうとすぐにぶり返してしまうからです。

治ったと思って2日間放置してたら、翌朝にはまた白いカスがたくさん出ていた!という方も非常に多いので、根気よく治療することが、このカンジダ症を治す秘訣です。

仕事や恥ずかしさからどうしても病院に行けない方は、ネット通販での購入になりますが、海外から販売されている軟膏を購入する方法もあります。

こちらは、海外からの発送となるため、商品到着まで1週間前後の日程がかかりますが、誰に知られることもなく、自宅でコソっと治療できるのがポイントです。

また、この商品を持っていればまた再発したときに利用できるので、このときは手元にありますから、スグに治療を開始することができるので、治るのが早くなります。

値段はそれほど安くはありませんが、あると安心できますので、興味がある方は試されてみてはいかがでしょうか。


上記のブログは、実際にカンジダ性亀頭包皮炎を市販薬で治した方のブログなので、参考になると思い、記載させていただきました。

関連記事

男性のカンジダ症は治らない!?
カンジダ症は女性に多い病気ですが、現在は男性がカンジダ症に悩ませれるケースも増え...
高い効果を見せる妊活サプリとは
高齢出産をする方の場合は、30前の女性が妊娠する時と比べて、確実な体調管理が不可...
治療とは名ばかりのタイミング療法
受精卵に関しましては、卵管を介して子宮内膜に引っ付くことになります。これが着床な...